人によっては断りにくい

出張買取はその名の通り、自宅までスタッフが来てくれて玄関先などで査定をしその場で現金化をするというものです。査定に納得がいけば問題はないでしょうが、中には納得のいかないケースも少なくありません。例えば、こっちが客だから、関係なく断れば良いと思っていれば問題はないでしょうが、みんながみんなそのような人ばかりではありません。そうなると買取拒否をすることになるのですが、人によってはわざわざ自宅まで来てくれたのにこの場で断るのは申し訳ない、と感じてしまう人もいるのではないでしょうか。店によっては出張料がかかるところもありますが、多くの場合これが無料となっています。無料で来てもらった手前、と思い納得がいかないにもかかわらず安く買い取られてしまう可能性も考えられるのです。

その日の予定が狂う可能性がある

当たり前のことですが、買取の際には利用者は自宅で待機する必要があります。そもそも事前に店側と打ち合わせをして、この時間に訪問すると約束をしているので基本的には時間通りに来ることになりますが、それでも道路の混雑状況などによっては時間通りに訪問できない可能性もあります。そうなると、利用者はその日一日の予定が狂うこともありますし、遅れることで苛立ちを感じることもあるでしょう。また、中にはブランド品を数え切れないほど所持しそれらを査定に出す人もいます。時間通りに来れば利用者の想定内の時間で手続きが終了したものの、仮にスタッフが遅れて訪問すると時間がずれ込んでしまい利用者の予定が狂ってしまうことにもなるのです。